「ほっ」と。キャンペーン

蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「パウル・クレーおわらないアトリエ展」へ行ってきました。
平日ですしガラガラかしらと思っていたのですがびっくりするほど混んでおりました。

以前チラシを貰った時に、
絵の真ん中より少しずれたところから両開きなっていて、
面白いところで開けるように分けているなとは思いましたが、
実はクレーが実際に一つの完成された作品を切り分けて、
それぞれ独立した作品にしたものだったとは驚きです。
クレーの作品の製作過程をこの展覧会ではじめて知ることができました。

特に最後の部屋の展示方法はグルグルと回遊魚のように徘徊して鑑賞でき、
ただ作品を鑑賞するだけでなく、
クレーが実際にどう考えて作品を作り上げていったのかがうかがうことができるような展示になっており考えられた、意味のある展覧会だと思いました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-07-31 09:40 | 絵画etc
ワシントンナショナルギャラリー展へ行ってきました。

何だかんだいいましてもヤッパリ印象派は大好き
私の一番好きなシスレーは2枚、リトグラフの小さな作品「川岸」は暖かい雰囲気で好き。

豪華にモネを6枚並べての展示してある部屋ではおいてあった椅子に座っても鑑賞、
モネの作品からは風や日差しを感じて、いつまでも眺めていたいぐらい。

日本人の大好きな印象派の展覧会のご多分にもれずいつ行っても混んでくるでしょうから見に行かれたいかたはせめて会期中お早めに、とても満足の展覧会でした。

そして門外不出の作品もありますし、
いつか訪れてみたいな!ワシントンナショナルギャラリーを見にアメリカも。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-07-27 21:43 | 絵画etc

「酔拳」

先日の東京フォーラムも、う~んなジェイでしたが、
映画「酔拳」でのジェイも(--;)
作品はまぁ見てもよいかなレベルでしたしかしこの役をなんでジェイが演じるの?

以前につくられた作品ばかり聞いています、
さすがにジェイだという新しい曲を早く聞かせて欲しいです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-07-16 07:06 | 映画 
友人が速攻でチケットをとってくれたお陰で北山さんのコンサートを聞きに行くことができました。
ゲストはおなじみ坂崎幸之助さん。

一部二部の構成になっていまして、やり残したことがないように全部やりますの言葉の通りに、一部にもアンコール有の盛りだくさんの内容。

昔聞いた時にはなんという歌詞だと思いましたが、北山さんが歌う「コブのない駱駝」を今聞くと結構好きかもと思いました、「帰って来たヨッパライ」「花のかおりに」「水虫の唄」など懐かしい歌もたくさん歌ってくれましたしおしゃべりも楽しいし、のあっと言う間の楽しい時間を過ごすことが出来ました。

二部のアンコールでの手拍子に、年寄りをつかれさせちゃいけないからとすぐにアンコールに答えてくれてますます満足度がアップ。

一部の演奏は福岡で活動しているというD50 ShadowZデゴマルシャドウズというグループ、ドラムのかたの田舎者がこんな大きな舞台で云々おっしゃってましたがフォークルがとても好きだと通じましたし、楽しそうで聞いていて気持ちが良かったです。

二部にはアルフィの坂崎さん登場、北山さんのファンというよりも坂崎さんファンのかたも沢山会場にお見えになっていました。
彼の歌う「あのすば」(「あの素晴らしい愛をもう一度」のこと)は秀逸でした。

このコンサートで一番胸に染みたのは坂崎さんと北山さんが一緒に歌ってくれた「七色の光の中で」


 ~今日も七色の光の中で 歌う私の傍らにいるはずの
 笑ってギターかきならす お前がいない
 こんな歌を人前でなんて ほんとは歌いたくはなかったよ
 だけどこんな気持ちは 歌でしか言えないね~

お亡くなりになった加藤和彦さんへの歌です。
コンサート中も加藤さんの事を笑いながら話してくれたのが余計に切なさを増しました。

http://www.youtube.com/watch?v=wMHcYjxAaQ0こちらは坂崎さんだけで歌ってますが、土曜日に聞いた北山さんの声が入ってる方がやっぱり好きだな。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-07-09 19:39 | 日々徒然
サントリー美術館で開催中の開館50周年記念「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展へ先日行ってきました。

鳳凰と獅が題材で、実際にどのような作品が展示されているのかしら状態でしたが、
『樹下鳥獣図屏風』が展示されてると知りましたので、
若冲好きとしては行かなくちゃね
申し訳ないほど空いていて、ゆ~~くり鑑賞できました。
他にも修繕のために外されていたおかげで燃えずにすんだ、金閣寺屋根の頂上の鳳凰も展示されていたのと、平櫛田中の鏡獅子(習作とは思えないほどの完成度の高さには驚かされました。)が見れて行って良かった展覧会でした。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-07-03 20:36 | 絵画etc