蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最終日

長いようであっという間だった旅行も今日で最終日。
トランクをホテルに預け出かけました。
まずはまだ買えてないおみあげを買いに、
行ったのはオペラ座の後ろにあるギャラリー・ラファイエットというデパートです。
私たちが泊ったホテルの近くにあるル・ボン・マルシェよりかなり大きく、品物も多岐にわたっています。
それから今日で最後だね~とパリの街をぶらぶらしました。

パリで、食いしん坊の私としましては、
エリザベス女王が来たことがあるというシスレーのケーキも食べれたし(小さなお店でした、以前TVで紹介されていたーカラメルは実は苦手ですがー、カラメルがかかったケーキを購入。カラメル部分はパリっとしていて中はホンワカ♪とても美味しかった)、ラッキーなことにホテルから近かったのでポワラーヌのパンも朝、買ってきて食べました。出来立てアツアツのチョコクロワッサンにサクサクのリンゴのパイに、そして有名な田舎ぱんも食べることができました。
食べることばかりで恐縮ですが、ホテルのブラッセリーで食べれるとは思ってなかった、fruits de merというのかな??氷の上にエビやら牡蠣やらカニやら巻貝が乗ってるものも食べれました、今に時期に牡蠣。。と思いましたが周りの地元の方も皆さん食べてるし、このお店の売りみたいだしと思って注文、一人前なのに量が多い!!牡蠣は八個にエビも10数匹巻貝はこれでもかといくらい。。。完食できずに勿体なかったです。
それから人生初ウサギ。。。鶏肉みたいでした。
食べたかったもので食べられなかったものも もちろんたくさんありますが、
またいつか行けたときのお楽しみということで 。

フランスで驚いたこと
私たちが乗ったエスカレーターにはどれも閉めるのボタンがなかった。
メテロは思いっきりバリヤフリー化が遅れているのでベビカーの人・お年寄りには不便そう。
メトロの電車のドアの開放方法が何種類かあります、日本のように勝手に開くと思って 待っていると乗れないし降りれません。
レストランで頼んだワインは確かに水より安い物もあります。

そしてなにより人が親切でした、それゆえなおさら
いつかまた行きたい国の筆頭かも。。。


旅行記、読んでくださってありがとうございます。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2009-07-05 11:23 | フランス
マネの睡蓮で有名なオランジュリーへ朝一で行きました。

部屋に一歩足を踏み入れると壁一面のモネの絵が見学者をとり囲みます。
まるで絵の中から風が吹いてくるような気さえする素晴らしい空間です。
お勧めは朝の早い時間、混む前でしょうか、部屋の真ん中に椅子がおいてあり何時間でも見ていられる気がします。
睡蓮の部屋は二つあります。
こちらの美術館にもモネだけでなくルノワール・セザンヌ・ドラン・名前を挙げていけばどなたも御存じのかたの作品もたくさんありました。
私はこんなにまとめてルソーも見れたし、セザンヌも見れたし、ほんとパリに来れてよかったです。

その後モンマルトルへ、ちょうど祭日に当たったらしく盛大なミサが行われていました。
モンマルトルではたまたまですが「アメリ」はこの辺にいたのかな?のロケ地もみれましたし、そういえば「ダビンチコード」のロケ地であるサン・シュルピス教会も行ってみました(近くの噴水は工事中)その近くのサン・ジェルマンデ・プレ教会も行けました。
絵画中心のパリでしたので、パリの教会は四か所だけでしたが、きれいなステンドグラスもたくさん見れましたし、
教会の隅に見つけた大好きなフラ・アンジェリコの絵画もここにありますよとはガイドブックにも書かれてなかったので、見つけてくれるのを待っていてくれたみたいでたいへん嬉しかったです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2009-07-05 11:01 | フランス