「ほっ」と。キャンペーン

蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

SUN 太陽

映画史に名を轟かす戦艦ポチョムキンも
莫大な制作費のアンナ・カレーニナも見てない。
今回が始めてみるソビエト映画かも。

ーーー彼は、あらゆる屈辱を引き受け、
 苦々しい治療薬をすべて飲み込む事を選んだのだ。---

イッセー尾形が演じる昭和天皇、そこはかとなく似ている。
生まれた瞬間からとてつもない重荷を背負わざるをえなかった人生、
最後の「闇に包まれた国民の前に太陽はやってくるであろうか」という言葉はソクーロフの捉えた昭和天皇の人柄が発した言葉なのだろう。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-31 00:53 | 映画 

幻遊伝♪

見てきました、「幻遊伝」
よかったよ~~~(ボーリン君)
ストーリーもなかなか面白かったしね、
ラストでは泣いてしまった。
先日から撮影が気になるきっかけを作ったリー・ピンビンが撮影でした。
僕彼のサントラに入っているTENSIONの洪天祥も重要な役で出てました。
サモハンの息子さんなのね。

2006年 台湾日本合作 監督 陳以文 撮影 李屏賓


また見に行っちゃおうかなぁ~~
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-28 20:39 | 映画 

楽日に深海

先日お話を聞いた三田村さんが出演している「楽日」を観てきました。
初日の初回、舞台挨拶付。
同じ建物でやはり初日の「幻遊伝」の舞台挨拶があるので
報道陣がたくさん来てました。

台北に実在する福和大戯院という映画館が閉館を迎える、
最後の日に上映されている作品を見入るこの作品の出演者だった二人の老人。
映画館の中を相手を求めてさまよう男達の姿。
そして聞いてはいましたが台詞がほんとにない。
陳湘琪の演技がなんと言うか鬼気迫る。
あるき方・桃まんじゅうの食べ方・男から桃まんじゅうを取り戻しに行く様など。
ふうむ、これは多分すごい映画なんだと思うけど、
私の好きな作品じゃないかも。


監督 ツァイ・ミンリャン 撮影 リャオ・ペンロン 2003年 台湾映画

その後、友人とランチをしてから「深海」を観に武蔵野館へ、
予告にギリギリセーフ♪
靴恋と夢遊の予告あるだろうなぁと思っていたのですが、
なんと!僕恋にイニDの予告もありました。
予告を見にまた行っちゃいたい!

ロケは台湾南部の都市高雄、以前行った時、朝の散歩へ、
私たちはコンテナ港(?)の方に行っちゃったので
この作品で使われてるような海は見れませんでした。
大きな町だなぁという印象、有名な観光地、蓮池潭にも行きました。
ここで、龍の口から入って虎の口から出ると、良い人間になれるとか。
ロケに使われた中信大飯店に泊まったんじゃなかったかしら?お料理美味しかったです。
この作品に出てるリー・ウェイはDuncanとドラマで共演してます。
ドラマの方が彼自身が魅力的かも。
白色で旭と共演のレオン・ダイ。お~雰囲気も迫力もある方でした。
キツイ内容なのに見た後は重くならないのはこれも台湾映画だからかな。

2005年 台湾映画 監督 チェン・ウェンタン 撮影 リン・ツォンリャン

その後、遠くからいらした方を交えて、みんなで夜まで映画の話で盛り上がりました。
また行きましょうね~~
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-27 18:15 | 映画 

中国映画の全貌2006 ②

青い凧を見て、これは他の田壮壮作品も見なくちゃと。

「春の惑い」良かったです!!
三角関係のような話、でもそれが汚くない。
お互い相手を尊重して責めたりしない。
パンフレットに野崎先生の文章、
撮影が「フラワーズ・オブ・シャンハイ」「花様年華」の李屏賓ですって。
同じ監督作品でも空の色や夜の色合いの違い、
これは撮影の人の差なのかしら。
そして、私の好きな、ガラス越しの如くの美しい映像は
撮影する人のなせる業なのかしら。
香港映画を見始めた頃は、ただただ、
だれそれが出てるからで見ていたのですが、
最近はこの監督の作品だからになり、
次のステップは誰が撮影?に行きそうです。
勿論、俳優が一番のミーハーです。

2002年中国映画 監督 田壮壮 撮影 李屏賓

「盗馬賊」こちらは中国映画の全貌のチラシを読んだだけでは見なかったかも。
青い凧のパンフレット(これは充実しててオトク)を読んで。
監督が「今、理解されなくても良い。21世紀の人々に見てもらうためだ」発言と、
アメリカの映画評論家が「2001年宇宙の旅」と並び称し、「この作品によって中国新世代の映画は、世界地図にその足跡を残すだろう」と感嘆の声をと。

でもね、ドキュメンタリータッチで、NHKのナレーション入っても驚かないぞってくらい映画ぽくないのですね。
台詞も少ないし。感情移入しようがない。

1986年 中国映画 監督 田壮壮  撮影 侯咏  趙非 
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-25 21:55 | 映画 

台湾から

先日はYoyo、今度は仔仔が来日。
写真を見たらなんだかすごく痩せちゃって、
食べてもあまり太れないとは聞いていたけど、痩せ過ぎじゃないかしら?

杜琪峰の「蝴蝶飛」に仔仔が正式に決まったと中華の記事にありました。
う~~ん、楽しみですが、最初に聞いた時は幽霊役って聞いたような・・・
トーさん頼みますね。儲けの目当ての方の作品じゃないことを祈ります。


来月はDuncanとジェリーも来日ですね。
♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-23 21:50 | 日々徒然
友人のTさんから教えていただきました。
ありがとうございます。

可愛彩の国さいたま中国映画祭2006
http://www.pref.saitama.lg.jp/A02/BP00/chinesemovie2006/index.htm
「五月の恋」の上映もあります!!
この作品は以前、オールナイトで見る事ができたのですが
ぜひもう一度見たいと思っていたのでとても嬉しい。

五月天の歌もこの映画を見なければ知らなかっただろうしね、
コンサートの場面も楽しみです。
阿信が見れる♪

10月は東京国際映画祭もあるし、体力つけなくちゃ(笑)
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-23 00:18 | 映画 

なんであるの?

捜して捜してないので諦めていた
キネマ旬報のブエノスアイレス特集号。
緑がかった二人の踊るシーンの表紙をみたとたん
ずうずうしかったと今になって思いますが、
貸してくださいといっちゃッた。

ブエノスアイレスはトニーが出てる作品の中でも一、二を争うほど好きな作品です。
この雑誌のトニーの話でブエノにはディレクターズカット版、ウイリアムチョン版、ファイをメインにとウィンをメインにとそれとチャンチェンをメインにとなんでも7つのバージョンがあるみたいです。

帰りの電車の中でむさぼるように読みました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-22 00:08 |

中国映画の全貌2006 ①

「青い凧」 田壮壮監督作品
スターリンの死亡(1953)から始まって、大躍進運動、文化大革命へ。
膨大な犠牲者をだした文化大革命というものがどういうものであったのか、
週刊こどもニュースの池上彰さんが書かれた
「そうだったのか!現代史」にとてもわかりやすくかかれてます。

映画の方は子どもの目を通して事実を淡々と描いてゆく、
とても心に残る作品でした。


その後、ツァイ・ミンリャン監督作品公開にあわせたトークショーに行ってきました。
この監督作品は見た事がまだないのですが、
野崎先生いわく、ツァイ・ミンリャン監督の世界は
言葉は要らない・言葉は非力だ・身体で表現する潔さだそうです。
どんな映画なのか・・とりあえず「楽日」は見てみようかと思います。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-20 20:20 | 映画 
アニマックスでぶっちぎり36時間、君も東映アニメ王をやってます。
なんと、花男も♪♪
流星だと第7話「真実はひとつ」のところが放映されました。

実際にはできないだろうということをやってたり、
さすがアニメだとやること大胆。
つくしの心の中をもっと語っていたり、
なんて美味しいのでしょう。
しかし!!声が・・・・
なんで青ニとかじゃないの??

でも面白かった。
この後歯医者さんに行ったのですが、
治療中に思いだしてしまい笑いを堪えるのに大変。
なんとか違う事を考えようとすればすれほど可笑しくて。
歯医者さんで笑いを堪えるなんてはじめての経験でした。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-19 21:24 | 日々徒然

明日から

明日から始まる「中国映画の全貌2006」
とりあえず10回券を購入して友達と分け合います。
果たして何本見れるかしら・・
私はやっと最近になってから中国映画を見だしたので
聞いた事のある題名ばかりなのに、殆どの作品を見た事がない。
せっかく映画館で観れるのですから遠いけれども頑張って通いたいと思います。

そして明日から公開の台湾映画「深海」もね。
台湾映画といえば、アジア海洋映画祭で「浮世光影」
http://www.straitstory.com.tw/
これも見たいなぁ~
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-19 00:22 | 映画