蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本( 35 )

本屋さんのレジの所に置いてある各出版社の販促本が好きです。
今回頂いてきたのは「青春と読書」これは集英社発行。
エッセイやら連載やら、ただでいいの??という毎号充実した内容です。
今回の新刊のスキ・キム著「通訳/インタープリンター」
書評を野崎先生が書かれてました。

本屋さんにあるので手にとってみたらいかがでしょうか。


そうそう、野崎先生の 「赤ちゃん教育」も読んでみようリストに加えないと♪
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-02-26 20:11 |

一番好きな児童書は

本が溢れちゃって本棚の整理についに昨日着手しました。
以前は、童話・子供の友・たくさんの不思議等はトランクルームに避難させて急場をしのいだのですが、趣味の多様化にともない本が増えちゃって、増えちゃって。
で、今回は児童書もトランクルームへということに。
映画化され話題となった「ナルニア国ものがたり」や「指輪物語」はいずれも30年以上前に買ったもの、大切に取っておくので孫もこの本で読んでくれるといいな。

でも、すぐ手に取れる場所から動かしたくなかったのは、一番好きな「アーサー・ランサム全集」
何十回読んだかわからないくらい読んだのですけれど、今でもあのシーンをもう一度とか思って読んでたりします。

ファンタジー全盛のいまの時代にはうけないのかもしれませんが、
どの巻もワクワク・ドキドキ、小学生ぐらいの時の長い休みの楽しかった思い出が詰まってます。
そしてこの本を読むとなぜかゆで卵が食べたくなるのですよね。
ペミカン・ショウガいりビスケッ・ジンジャービアー読むたびに美味しそう、
どんなんだろうと思い浮かべた記憶が。
今食べたら夢壊しそうで、でもいつかイギリス行ったら食べてみたいなぁ
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-02-13 11:55 |
今回は友人から教えてもらったスクリーンプラスをまずゲット♪
ほんとアンディがいっぱいだぁ~~
それから、中華関係の所をウロウロ。
中国語の本を見て、おんなじ様なレベルのを買っても覚えなくちゃ何にもならないのは重々承知なのですが、ついつい買ってしまう。
買ったからにはガンバルぞってやるのですが、
理解はすれどなかなか身に付かないのよね~

これはやった覚えがある!と思っても正しい中国語でかけてピンインも付けれることなんてなかなかないのが現状です。
でも、やるしかないのよね!!

ついでにキネ旬から出てるアクターズ・ファィル2冊買っちゃった。
一冊は密かにトニーに似てると思っている西島さん。
もう一冊は子供にえ~~~!!なんで??とのけぞられちゃった  さんの。(ドラッグしても反転しません)
好みは様々です。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-02-06 01:01 |

マンガで花男

買おうかなぁ~と思いつつ
その巻数の多さに手が出なかったマンガの「花より男子」
会社の人が貸してくれました、ラッキー♪♪
「10巻まで持ってきちゃいました~」って
わ~~い、週末に読むねってお借りしたけど
10巻一気読みしちゃいました。

日本版の花男は見たことないので、
読みながらジェリーやケンちゃんが浮かぶはずなのに、
なぜか浮かぶは道明寺演じる松潤。
あれ?花男2見てるからかしら。
台湾版とは色々と違いが、しかし面白い!笑って・笑って、
電車の中で読まないで良かった。
流星花園の方がマンがより切ないかな、今のところ。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-02-03 08:36 |

売店にいっぱい♪

本日発売のAERAの表紙はジェリー・イェン
モンゴルでの活動報告のために来日したようですね。
駅の売店に並んでるたくさんのジェリーを見るって
なかなかないのでちょっと嬉しいかも。

YoyoとDancanの載っている記事の切り抜きを頂きました。
女性自身に載っていたとか、
来日した時の写真。
女性自身も取材してたのですね。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-11-13 23:34 |
最初に見たのはキネカ大森でした。
丁寧な記事にアジア映画への思いが感じられて
毎号楽しみに読ませて頂いてます。
そのシネマ・ジャーナルがなんと創刊20年を記念してのワークショップを開きます。
http://www.cinemajournal.net/workshop/workshop.html
私は行けるか微妙なんですけど・・
知ってたら行ったのにという方、いらっしゃいませんか??
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-09-13 23:15 |

「読まずに死ねるか!」

トランクルームを整理してたら、前に読んだ本がザクザク。
その一冊が内藤陳の「読まずに死ねるか!」
なんで買っちゃったんだろうの本から、読み終えるまでは寝れません、(読み終えても感動で寝れません)の本まで玉石混交のミステリーの世界、水先案内人としてこの本にはお世話になりました。

「深夜プラス1」も「鷹は舞い降りた」もこの本で知りました。
随分前に私が読んで面白かったのに印がしてあるのですが、
前述の2冊の他に「誰かが見ている」「「寒い国から帰ってきたスパイ」
また読んでみようかしら・・

冒険小説というジャンルなのか、ミステリーというジャンルに分類されるのかわかりませんが、
クレイグ・トーマスのオーブリー物が一番好き。
ファイアーフォックスも好きだけどね♪
秋の夜長に向ってやっぱ読書でしょ。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-09-12 22:35 |
まだ香港映画歴が浅い私にとって知らない事ばかりなのですが、
初めて目にした『香港通信』という月刊誌。
私がお借りしたのは1997年の一冊。
内容がものすごく濃い。
なんで廃刊になっちゃったんだろう・・
笠原宗彦さ~~~ん、どうぞ再開してください。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-09-06 23:25 |

なんであるの?

捜して捜してないので諦めていた
キネマ旬報のブエノスアイレス特集号。
緑がかった二人の踊るシーンの表紙をみたとたん
ずうずうしかったと今になって思いますが、
貸してくださいといっちゃッた。

ブエノスアイレスはトニーが出てる作品の中でも一、二を争うほど好きな作品です。
この雑誌のトニーの話でブエノにはディレクターズカット版、ウイリアムチョン版、ファイをメインにとウィンをメインにとそれとチャンチェンをメインにとなんでも7つのバージョンがあるみたいです。

帰りの電車の中でむさぼるように読みました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-22 00:08 |
ハードボイルドって、ジョニ―・トウのザ・ミッションとかに通じるドキドキ感があると思うのですが。
一番好きなのは、「鷹は舞い降りた」。ホント好きな一冊です。
そして、「深夜プラスワン」それからクレイグ・トーマス も好き。
「読まずに死ねるか!」は私の座右の書。

最近は映画・ドラマはみてるのですが本を読まなくなった。
読み出すと寝る間も惜しんで読んでたのになぁ~~
なにか面白いほんあるかな、本を読まなくなるとアンテナも錆びてくるみたい。
読まなくちゃね。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-09 23:44 |