蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画 ( 204 )

イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班に赴任してきた軍曹はこわいもの知らずに爆弾を処理していく。その恐怖心のなさは仲間にさえ恐れを抱かせるほど、何が彼をそこまで爆弾処理に向かわせるのか。
戦争を題材とした映画です。
戦争そのものよりも軍曹の殺されてしまった心が悲しかった、
見た後心が寒くなる映画でした。
ハート・ロッカーとは兵隊用語で棺桶という意味だそうです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-08 22:45 | 映画 
先日から娘が孫二人を連れて里帰り、可愛いのですが時間の自由がききません
本日は(もう昨日ね)息子の塾の三者面談で出かけなくては行けないのでせっかく都内に行くならば水曜日だし映画をついでに見ちゃおうかなと、夕飯の準備も孫たちのお風呂の世話も全部済ませて、ひさ~~しぶりに映画館へ。
選んだのは「続猟奇殺人事件を追う二人のFBI捜査官が、それぞれに食い違う目撃者の証言に翻弄(ほんろう)されながら真相に迫る姿を描く。主演は『インランド・エンパイア』のジュリア・オーモンドと、『ロスト・ハイウェイ』のビル・プルマン。父譲りの世界観や、観る者の予想を超えた衝撃のラストに息をのむ」と紹介されていた「サベイランス」

混んでました、ほぼ満席。
それほどCMが流れているわけでもないのに期待できるかもと思ったのもつかの間、最初のシーンからうわっ残酷R15指定も納得。
見ている途中もアメリカの片田舎を車で走りたくないなとおもわせるシーンが多々、そして確かに予想をはるかに超えた猟奇殺人の犯人でしたが何といいますか後味が悪い。
おんなじ予想を超えたエンディングと紹介されていた「閉ざされた森」も思ってもみなかったエンディングでしたが、観賞後気分スカッとしてよかったのにね。
「あなたが寝てる間に」で素敵だったジム・プルマンは最初に出てきた時すぐにはわからなかったぐらい恰幅が良くなっていました。「Vビジター」のレジスタンス役の人も署長役で出てました、こちらはあまり変わってなかった
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:55 | 映画 
年賀状末尾1・4を持って行けば毎日1000円でに惹かれたこともあり、時間の余裕がある今週はせっせと映画館に通ってます(^-^)v。本日はブルースウィルス主演の「サロゲート」ロボットが自分のかわりに働くという未来社会のお話です。
まぁそのうちにテレビで見たらよいかなという内容なんだろうなではありますが、「ダイハード」のような役のブルースウィルス は好きなので見に行ってきました。エレベーターで相手の背広のうちポケットを確認sする時の表情や途中の車のシーンは楽しめました。

アメリカだけでなく全世界的に現象が起こったことをパリでもロンドンでも北京でもと…、今はそうなんだ、北京なんだと思いました。

お昼は先日パン好きの友人と行ったケヤキ坂ベーカリーで再びスープランチを頂きました。
サラダに食べ放題のパンに飲み物が付いて600円。
メロンパンを先日もお土産に買ったのですが美味しかったので今回も買っちゃっいました。

そして、お休みをを有効利用したいので六本木に来たらば、広尾はすぐそばというこで
フランス大使館に行ってまいりました。
今こちらでは「NO MAN'S LAND」というイベントを開催中。
取り壊される前のフランス大使館を会場にしてフランス人と日本人のアーティストの作品が紹介されてます。
現代アートは苦手だけど普段入ることができない大使館に入れるのも楽しいかもと思い行きましたところ、見飽きない作品がたくさん(o^_^o)例えば佐藤雅晴さんの作品では誰もいない様々な場所で電話がなるというシーンの連続映像、伊佐治雄悟さんの作品は見慣れたビッグボールペンの一部を膨らませ壁に並んで刺してありその膨らましたという発想の面白さ。
私が一番気になったのは階段の下の空間で流されていた映像です、親しい人か、一人でみるのがいっぱいいっぱいの暗く狭い空間で見ていたのですがお話がよくわからない、気づきにくい場所のせいか、しばらくいても人が入ってはきませんでしたので映画を見るようにゆっくりその世界に浸れたのにかかわらず、意味がわからないから尚更気になりました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:51 | 映画 
きゃ~ワクワクしましたこの映画。
振られちゃった女の子が彼を振り向かせるためにサポートしてくれる男の人とあの手この手をつくします。
お話がどうなっていくのか流れじたいはだいたいよめます。
しかし漫画がオシャレに使われいる点も、チャンツィー演じるソフィーの着ている服も兎に角可愛い(^^)。
相手役が「映画は映画だ」のソン・ジソブなのでてっきり韓国映画だと思っていました。
韓国映画のユーモアは大好きなのでチャンツィーが出てる楽しそうな韓国映画と思っていましたら全篇中国語(^-^)v俄然テンションが上がりました。
そして初めて見るピーターホーがすごく素敵で(≧∀≦)彼の出ている台湾ドラマを見たくなりました。

ソン・ジソブはお医者さんの役でしたが「映画は映画だ」のダーク
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:49 | 映画 
スカパーで録画した「マークスの山」を見ました。
原作の本が直木賞受賞作品で読んでみたいと思いつつそのままに
映画は昨年東京フィルメックスで審査委委員長をなさっていて何度かお見かけした崔 洋一監督作品。
犯人探しが主題ではないもののぐんぐんストーリーに引きずり込まれましたが、たくさんの主要人物と隠された事実があり、エンディングの情景の悲しみが伝わりにくかったかな・・

エンドロールに西島さんの名前がえっ・・
気がつかなかったまきもどして見て、
あらほんと西島さんだわぐらい。
しかも犯人役の人を「最後の恋、初めての恋」の渡部 篤郎だと思っていたし
日本映画も見なくては
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:48 | 映画 
にとってヒース・レジャーは「ブラザーズ・グリム」・「ブロークバック・マウンテン」より「ダークナイト」のジョーカー役あの鬼気迫る悪役ぶりには敬服、すごい俳優さんだったんだと思って次回作も楽しみにしていたところの突然の訃報。
享年28歳というあまりにも若すぎる死・・「Dr.パルナサスの鏡」は彼の遺作です。

撮影途中で亡くなってしまった彼の演技を世に出すため友人のジョニー・デップがジュード・ロウ、コリン・ファレルもヒース演じるトニー役を演じることによって映画が完成したという。
現実世界をヒースが演じ終わった時点で亡くなっているので空想世界を三人が演じているのは違和感がありませんでした
ジョニー・デップが映画の中で言ったセリフ「若くして逝ったものは永遠に年老いることはない」が亡くなったヒースに向かって言っているようで・・
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:47 | 映画 
スカパーで録画をしては映画を見ております。
今日はこれ見よっと思って選んだ一作は「ミッドナイト・イーグル」見始めると・・・あれ?この場面は見たことあるじゃない
内容と題名が一致してなかったみたいです、改めて記録に残すことの大切さを思い知らされました。
ということで書かなくてもよいかなと思わないで書いておくことに。
以上前置きです。

「海角七号」う~~~ん、台湾映画史上歴代第一位の大ヒット作ですか・・・素直な映画だとは思うのですよね、その分深く人間が描かれてないと思ってしまうのは厳しすぎかな
感想と言えるかですが、日本人と台湾人が親密な気持ちを持ってくれるのは嬉しいなと主演の范逸臣ってなかなのハンサム君です、歌うまいなと思ったら本業が歌手なんだでMVを探してみました・・やっぱりジェイや五月天がいいな
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-07 17:45 | 映画 
わたしが覚えていたマイケルより断然美しい、その立ち姿も腕の表情も見とれてしまいました。
スタッフ対する的確な指示だし、この曲はもっと余韻をとか。
上着を燃やすというシーンをコンサートでは使う予定だったらしいですがそのリハーサル、マイケルだけには実際に上着が燃え上がっているのがまるで見えているようでした。
ソロでギターを弾く女性にはここは君の見せ場だからねと言いつつプレッシャーに感じないようにか、「一緒にいるから」と言葉を添える気遣い。
彼は50歳なのに心も身体も若木のようにしなやかで柔軟。
King of Popと讃えられているのにあまりに謙虚、
まるで少年のようにも思えました。
映画館なので体を動かせないのが残念でたまりませんでした。
ビートイットの時は思わず体が反応しそうになりました。

40年位前でしょうか、「エルビスオンステージ」という映画を見た時はこんな凄いアーティストがいたんだとエルビスのLPを映画館帰りに何枚も買いました。今回のマイケルはデビュー当時もジャクソン5として認識していたし、リアルタイムで「スリラー」も感激してDVDに録画して繰り返しみていたからでしょうか、もっとマイケルの歌を聴きだいからCDを買おうというより早くして亡くなってしまったマイケルを惜しむ気持ちでいっぱいになりました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-04 18:30 | 映画 
アニメです、アニメでないとしたらあまりの事実の恐ろしさに見れなかったと思います。
ラストにアニメでないシーンが映されるのですが、それだけでもいっぱいいっぱい。

1982年9月、パレスチナ難民キャンプの大虐殺事件に自らも一人の兵隊として参加していたアリ・フォルマン監督の実体験を基につくられているアニメ。
中東問題、学校で習った程度映画で知った程度しか知りません、イギリスがイスラエルに国をつくること約束したからだとか「アラビアのロレンス」だとか・・

世界史の本読んでるとみんな自分の国さえよければいいのかって思うことも
生まれる国は選べないから、日本の平和が続いていることってそれだけでもすごいことだと思います。

戦いが無くなればいいですね、こんなに悲惨なことを繰り返して・・・
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-04 18:27 | 映画 
「迷子の警察音楽隊」この作品は依然東京国際映画祭に出品された時に観賞はできなかったのですが、あらすじを読み見てみたいと思っていた作品。
エジプトの警察音楽隊が文化交流のため(そういう時期がほんとにあったようです)イスラエルへ、しかし目的地のアルファベットを一字読み間違えたため、まったく違う土地にバスで行ってしまいそこの土地の人と一夜の交流を持つことに。コミュニケーションには言葉が違うためお互いの理解する英語をかいさなくてはいけないこと、微妙な国同士だということなどからはじめは非常にぎこちないお互い同士、だがそれぞれ小さなエピソードからたった一晩でもそれこそほんの少しですが親密度を高めることに。そのほんの少し具合がいい感じでした。
映画の中で警察音楽隊の中に作曲してる人がいるのですがイスラエル人がその曲のエンディングはトランペットとかで盛大に盛り上がって終わるのでなく深く静かに終わるのがいいんじゃないかと言ってましたがその言葉はこの映画の中の団長の小さなバイバイにもいえるのかもしれません。
ちょっとお薦めです。


「黄金の羅針盤」原作は日本で出版されてすぐ読みました。で面白くなかったしかし「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡 」と読み進めていくと前言撤回、なかなかすごい世界を想像していて読んで損はないかな。「サリー・ロックハートの冒険」の著者ですドラマは見たけどまだ原作は読んでないのでこちらは読まなくちゃ。
で映画の方の「黄金の羅針盤」は007のダニエル・クレイグ目当てで観ました。俳優さんって演じる役でこうも違うのかとアスリエル卿のダニエルも勿論素敵ですが、私はやはりボンド役の方がよいな、「カジノロワイヤル」で共演していたエヴァ・グリーンも出てました。
作品としては始まりの部分だけなので何とも言えませんが制作会社は無期限で第2作の制作は延期と発表とか「指輪物語」のように最初に全部撮っちゃえばよかったのにもう次は「指輪物語」のアニメのように無理かもね。
暇ならみてもよいかもお話の続きは本でということで・・
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-04 18:25 | 映画