蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:絵画etc( 48 )

近いしそんなに込まなそうだしと思っていても6月3日まで。
「モディリアーニと妻ジャンヌ物語展」Bunkamuraザ・ミュージアム
お休みの日に行ってきました。
初公開のジャンヌの作品もたくさん展示してました、
鉛筆で描かれた作品、とても、といってよいほど上手。
すごい才能のある女性だったのですね。

三十代のモディリアーニにまだ十代だったジャンヌが知り合い
わずか数年彼とともに暮らし、
女の子を一人残してまで後を追って死んでしまったジャンヌ。
若いから死ねたのかしら?残される娘さんのことに思いはいかなかったのかしら??
と世俗的な事を思ってしまいました。

モディリアーニの描く「肩をあらわにしたジャンヌ・エビュテルの肖像」本当に綺麗です、二人の幸せがいつまでも続けばよかったのに。

展示方法はとてもわかりやすくて二人の物語を読んでいるようでした。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-05-30 08:27 | 絵画etc
映画好きになら「真珠の耳飾りの少女」の人といえばよいのかな?
2007年9月26日(水)-12月17日(月)
国立新美術館でフェルメール展が開催されます♪
5月14日(月)から 6月30日(土)までの期間
ペアチケット (2名様で1,600円)が発売されるとか、
買い忘れないようにしなくちゃ

今回は、日本初公開の「牛乳を注ぐ女」が出品されます。
フェルメールの全作品数は三十数点、他にはどれか来るのでしょうかね??
以前展覧会で見たことのある「窓辺で手紙を読む女」も実際に見るのと写真で見るのと大違い!の作品でしたので「牛乳を注ぐ女」を見ることが出来るのがとても楽しみです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-04-19 00:12 | 絵画etc
もうすぐ終わっちゃうよ~と、娘から誘われて二人で行ってきました。
日本人が好きだというマネ・セザンヌ・ルノワール等々が展示してあるので混んでるだろうなぁとは思いましたが、吃驚するほど混んでました!!
狭いコの字空間にイヤホンの解説を聴ける絵が集中して展示してあり
そこは超満員でした。

抽象画はほとんどなかったです、久しぶりに印象派の作品を見て、昔は色彩のはっきりした絵が好きだったのに、今日あらためてミレーの穏やかな温かい春の日のような絵が好きになっていたことに気がつきました。
初夏の少し汗ばむような日差しとか、冬の暗い光とか、画家って光までも描き分けれるのってすごいですよね。

初めてみる作品もたくさんありました、たとえばモーリス・ドニの「天国」はとてもかわいい作品、
マチェックの「預言者リブザ」は写真の方が迫力ありかもなんてね。


レオナルド・ダ・ヴィンチもモネも混んでいるだろう会期終了間際でなく早めにいこっと。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2007-03-25 23:18 | 絵画etc
近代美術館で24日まで開催している
「揺らぐ近代 日本画と洋画のはざまに」を見てきました。

洋画・日本画と区別がされ始めたのが文展、
分けなきゃ良かったのにね~
その前に今の芸大に日本画学科とは別に
洋画科ができたからみたいですけどね。

日本画・洋画に別れてしまうと画材がにかわか油絵の具かとか
掛け軸か額縁かという装丁方法。
描き方に西洋の方法を取り入れてるか、浮世絵のような描き方かとか
描き方は浮世絵のようにのっぺりと人物のアップで書いてるが使ってるのは油絵だとか、
その逆だとか色んな描き方が生まれてきたようですね、
その代表作と言える物が展示してありましたから、
教科書に載ってる有名な作品から、
このような機会でもないと見れなかった作品まで
なかなか面白い展覧会でしたよ。

気の毒なくらい空いてましたけどね。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-12-19 21:17 | 絵画etc
「アンダルシアの犬」っていう短編映画、
上映時間15分って。
感想、短くってよかった。
最初の残酷なシーンから良くわからない内容が続くのよね。
アリさんはダリの死のイメージかなって事ぐらいしか私には理解不能。
最後には二人が海岸で埋まっちゃってるのは晩鐘から?かなぁ。

ご覧になりたい方は上野の森美術館「ダリ回顧展」で2007年1月4日まで。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-11-28 19:03 | 絵画etc

日曜美術館30年展

一ヶ月あるといってものんびりしてると見逃してしまうということで
パートナーと二人で行くつもりだったら、娘たちも行きたいというので上野までゾロゾロと。
お母さんは「鮭」見たいんだよと娘の一人が父親に話してる声が。
そうなんです、学校の美術の本に載ってた作品って実物を見てみたいと思うほうなんですよね。
結構大きな作品なんで吃驚、以前モナリザを見たときエッこんなに小さい作品だったんだと驚いたのと逆でした。
作品ごとに著名なかたの一言が書かれてるのですが、関根正二に対して書いてある今東光の文章に思わず涙ぐみそうになりました。
家族それぞれ気に入った作品が違うって面白いなとおもいます。

その後、娘たちを返して親二人で飲んでから本屋さんに。
ありました♪近くのデパートの本屋では売ってなかった「fabulous!」
Jayのコンサートにご一緒した友人の文章が載ってるので今回は絶対買わなくてはと探してたんですよね。
パートナーにこれ書いたの友達!って自慢しちゃいました。
さすが彼女、内容が濃いい。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-09-18 23:00 | 絵画etc

陳進展

松涛美術館で5月14日まで開催してます。
http://www.joshibidosokai.net/library/chin_vo1.html#topに詳しい事が書かれてます。

まるでベルトコンベアーに乗ってるようには見ないですむ作品展でした。
あきらかに日本画なのにチャイナドレスを身に纏った婦人画、
政治的背景を考えると、この時期に日本の画風で書くということの圧力はどうだったのでしょうかとつい思ってしまいました。

6月3日~7月23日   兵庫県立美術館
7月30日~9月10日  福岡アジア美術館
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-04-17 23:07 | 絵画etc

行ってきました

昨日、東京国立博物館に「書の至宝」を見に、
トニーレオンのファン仲間で行ってきました。
お一方が、書道を今でも続けていらっしてるので、
解説付きで♪
 
筆先で書かれてるのに、力強いとか、
西周の頃の字の具体的書き方とか。(残剣の頃かな?)
実際に書いてる方のみ伺い知れる解説で、
とても有意義な鑑賞ができました。
本当にありがとうございました。

写真では何度か見た事がありましたが、
今回見た中で一番は米ふつでした、現物の迫力。

次は書道博物館に行きを実現しましょうね。


そのあと、銀座へ、皆さんに、薦めていただいた「ニュー・シネマ・パラダイス」を見に。
心にしみる映画でした、
トトは映画制作者になったのですね、
ラストシーンには思わず涙が・・
薦めてくださった方が、一生涯の中で、1位かもとおっしゃられたので、
私の生涯ナンバーワン映画は何かしらと今考え中です。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-01-21 11:39 | 絵画etc