蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フェリペ4世は似てないような

ヴィゴ・モーテンセンの出ている「アラトリステ」
黄金時代のスペインが没落に向かっていこうとするスペインを舞台に架空の人物アラトリステを主人公としたアルトゥーロ・ペレス・レベルテの本の映画化です。

冒頭、アラトリステは遠く寒いフランドルの地でグアダルメデーナ伯とともに戦う、その戦いで亡くなった一人の戦友から息子の面倒を見てやって欲しいと頼まれる。
戦争はひっきりなしに続くし、スペイン皇室は政治に無関心だし、カソリックの神父さんは異教徒審判に熱心で陰謀まで企てるしの世情が描かれてるわけなのですが、私にとりましては時代はフェリペ4世だしベラスケスの絵は出てくるだしこんな時代だったのね状態で住居・衣装などワクワクo(^^o)(o^^)o しながら見る事ができました。
有名な「「ブレダの開城」のシーンは人物があまりにベラスケスの描いたポーズのままなのでちょっと興ざめしましたが、フェリペ4世が出てきたときには、顎が出てないじゃんちょっと特殊メークでもしてベラスケスの描いた絵に似せて欲しかったと一人で突っ込んでしまいました。

結構混んでましたが皆様ヴィゴ様狙いかしら??終わると長かったねぇとの感想がチラホラの145分、私ならナチョ・ペレス目当てにもう一度行ってもいいかな (*^-^*)
[PR]
by spiaggia_corrente | 2008-12-22 07:46 | 映画