蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

どこの国の映画が好きですか。

難しい事はわかりませんが、台湾映画好きです。
「非情城市」も好きな作品です。
きっかけはトニー・レオン。
今では侯孝賢監督のファンです、
ですから香港でお会いできた時は感激いたしました、
カントク~~っホウ・シャオシェン監督~~っと口々に叫ぶ私たちに、
えっ?僕??僕のファン??っという感じで足を止めてくださり、
奥様のほらあなたの事よっという様なリアクションで、
そうなの?僕でいいの?と握手をして頂いて。

この作品は何度か見る機会がありましたが、長さを感じさせない素晴らしい映画です。
下関条約からの日本の半世紀にも及ぶ統治が終わり、そして今度は国民党の支配。
2・28事件の前後の台湾、国民党の軍隊による知識人の虐殺。
しかし映画は食事の場面から食事が終わりだれもいなくなった部屋で静かに終わっている。

「非情城市の人々」 田村 志津枝著 という本もこの作品を観てから読みました。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2006-08-12 00:53 | 映画