蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

どっちが目的だったかな・・

うなぎが食べたい!

我が家ではパートナーが夕食の時にお酒のあてにならないからとうなぎを嫌うので自然とうなぎが食卓にのぼる機会が減ってしまい、うなぎ好きの私としましては時々うなぎ食べたいの欲求が爆発いたしますf(^_^)

そこでどうせそちら方面に足をのばすのでしたらば、ついでに西洋美術館でひらかれている「光と、闇と、レンブラント」展もみましょうかと。

レンブラントの絵はそれ程好きでないのです、行ってみましたら今回の展覧会は絵画よりも版画が中心。
エッチングとかドライポイントとか(^-^)vデューラーの時に得た付け刃的
知識がちょっとは役にたちました。

ですが、それ程好きではない人の作品でしたので、版画はいい感じとはおもいましたが熱心に鑑賞とはほど遠い有り様。

最後の部屋まで辿りつきで作品を見ようとした時に館内アナウンスでスライドトークがありまだお席に余裕があるとのアナウンスがはいりました。
せっかくきたのですがらと、参加しましたらこれが大正解。
レンブラントの版画を何点を詳しく説明してくださったのは勿論、版画に使う紙のこと(洋紙・和紙・ヴェラム←子牛の皮)レンブラントはそれぞれ作品の表現できる効果が違うのを考え使っていることや一度彫って刷った作品は普通ならばそのまま使うがレンブラントは手を加えて同じ作品なのに幾つかステートがあるということも教えて貰いました。

説明を聞いた後でもう一度鑑賞した時は教えて貰ったところを重点的にチェック(゜-゜)

絵画はあまりですが版画では好きな作品ができました。
うなぎに惹かれて行って良かったです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2011-06-19 18:26 | 絵画etc