蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年10月03日 「ミレニアム2 火と戯れる女」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」

会社に行く道の途中にあるコンビニに貼られている前売り情報
で以前見て何だか心惹かれる題だった「ミレニアム ドラゴンタツゥーの女」(^^ゞでもその時はまぁ調べもせずに放置。
見に行くまでもない作品かな~と。

先日またまた「ミレニアム」の前売り宣伝が貼られていて、あれれこれって気になった作品だよね??
「ミレニアム2火と戯れる女」「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士」と二つもあるではありませんか。
そんな続けてつくられるほど面白いのか(゜o゜;)
やっぱり気になる!!
題名の威力に負けて見てきました。

一作二時間を二本続けて、四時間超グイグイお話の中に引き込まれました。
映画では最後まで映さないその後のリスベットの身に起こった忌まわしい事をを想像するとおぞましさに身の毛もよだちます。
それゆえに全面的にリスベットに味方します、どんなに頑なでも過激でも、傷ついてしまった心があまりにも哀れで。
しかし、彼女はそのひどい仕打ちに負けた人生は歩まない。

見る方は2と3は是非とも続けてみることをお勧めします。
私は2を見終えた時にあと2~3分その後を入れたら終わりじゃないのと思いましたが3が始まり、
そうだったのか!
彼女の少女時代は取り戻せないけれど
ある意味快哉を叫べました。


こんなにハンサムなのにと言われた主演男優はスウェーデンではこんな感じがハンサムなのかしらと思いましたが、頼もしいのでちょっとはハンサムに見えました。あくまでちょっとね。



それからYellow Bird (映画会社かな?)のマスコットの鳥はガーフィールドの鳥バージョンのようで可愛かったです。
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-10-20 22:11 | 映画