蓮のつらつら考える事。


by spiaggia_corrente
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年06月04日 展覧会のはしご

オルセー美術館には一度行く機会がありました。日本と違ってオルセーではどんな有名な絵でも一人でユックリ鑑賞することが可能です。
私と友人も時間をかけて思う存分にオルセーを堪能したのですが、その時にたまたま他の所の企画展に貸し出されていたなどの理由で展示されてない作品が何点もありました。
今回、六本木て開催中の「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」に見れなかった作品が来るということでフランスに一緒に行った友人と鑑賞に行って来ました。

一番乗りをして最初の部屋に展示されているのはモネ、さわやかな自然に包まれたかのような気持ちになりながらも、こむまえに見たかったゴッホの部屋へ「。
星降る夜」を独占!真っ正面は勿論右から見たり左から見たり、やっと会えたねとまさに至福の時。
とって返して今度はモネをジックリ鑑賞、モネの絵が展示されている所は明るくて爽やかな感じさえします。改めてモネ大好きの確認。
そして今度はルソーの「蛇使いの女」へ、途中また少しゴッホを鑑賞、今度は人を避けながらみる。何度みても心惹かれます。
ルソーの作品は展示会場の終わりの方の部屋でしたのでいるのは警備員と私だけ。
部屋の人口密度が低いほどルソーの濃密な熱帯の空気が感じられるような気がします、ルソーの描く鳥も好き。

それからはじめに戻り順番に観ようかとしたら平日なのに物凄い人。人を気にしないで鑑賞するのはゴッホ・モネ・セザンヌに関しては既に不可能でした。
早めに来て大正解。


私は展覧会の会場でクリアファイルをいつも購入するのですが、A4サイズのゴッホの「星降る夜」がない!
なぜ??始まったばかりなのでこれか製作するのかしら・・・

昼食は中国飯店で。美味しくランチを頂きました。
そしてここまできたら今森アートギャラリーで開催中の「ボストン」も観ちゃいませんか?とまるで海外でせっかくここまできたのだからこちらもね、のノリで行くとチケット売り場に長蛇の列。
決断力バツグンのコンビですのでそれじゃブリヂストン美術館の「印象派はお好きですか?」ならば混んでないのでは??と向かいます。

空いてました。モネもそして私の大好きなルソーもあるしねと二人してあの絵はどうだ、この絵はこうだとリラックスしてみていますと、学芸員によるギャラリートークがあるとのこと。
じゃ、参加してみましょうかと集合場所に行くと学芸員はにこやかな女性の方、この方の説明がわかりやすい。
展示されてる幾つかの作品を選んで、画家の筆の使い方、描き方からその作品の歴史的意義など多方面から実物を指示して具体的に解説してくれました。

今年は沢山の印象派の作品が日本で見れます、ドガも控えているし楽しみ楽しみ♪
[PR]
by spiaggia_corrente | 2010-09-11 22:00 | 絵画etc